あなたにとって最適な基板製造業者をご提案

掲載企業数
652社
最終更新日
2021/10/26 (火) 16:45

2021.05.13 熱風による対流加熱により、実際のリフロー環境に近い状態を再現

リフローシミュレーターSRS-3L

株式会社マルコム

リフローシミュレーターSRS-3L

特長

●熱風による対流加熱により、実際のリフロー環境に近い状態を再現します
●大型基板対応、最大基板(部品)寸法360x360mm高さ±30mm
●高速高精度センサーを使用し加熱状態で基板や部品の反り・変位、コプラナリティを測定します。
●JEITA ED7306 パッケージ反りの測定方法準拠

 

 

仕様

項目 仕様
型式 SRS-3L
対象基板寸法 大きさ:360mm×360mm以下
高さ:保持面上下共30mm以下
装置寸法 1344W×900D×1290H
観察装置寸法 700W×452D×168H(mm)
ヒーター部寸法 516W×170D×335H(mm)
エアー循環装置 431W×140D×500H(mm)
加熱方式 上下面:熱風循環方式(窒素または空気)
熱風ヒーター(2kw×4、500w×3)
冷却方式 外部ガス(窒素または空気)導入による
電源 3相 200V50/60Hz10kVA(MAX)
外部ガス 0.3~0.5MPa 100L/min(MAX)
炉内酸素濃度 最低約100ppm
測定温度 常温~330℃
窒素消費量 100L/min
測定点数 9ポイント
スキャン時間(X軸、Y軸) 150mm/sec
制御専用ソフト SRS-3 MS対応OS,Windows10
重量 約400kg

 

センサーヘッド仕様
項目 仕様
測定高さ(センサーから対象物) 245mm
測定範囲(Z軸 高さ) ±34mm
X軸(幅) 72mm
光源 青色半導体レーザー
波長 405nm(可視光)
レーザークラス クラス2Mレーザー製品
出力 10mW
繰り返し精度Z軸(高さ) 1μm
繰り返し精度X軸(幅) 3μm
直線性Z軸(高さ) ±0.04%
温度特性 0.01%ofF.S./℃
材質 アルミ
質量 1200g
サンプリング周期(トリガ間隔) 最速64kHz

 

カメラ仕様
項目 仕様
カメラ方式 単板カラーカメラ
撮影素子 1/1.8
総解像度 1688×1236約200万画素
フレームレート 30FPS

 

製品詳細はこちら