あなたにとって最適な基板製造業者をご提案

掲載企業数
608社
最終更新日
2022/5/19 (木) 18:14

2022.04.22 企業紹介

インターフェックスWeek東京

エレクトロニクス 実装技術 編集部

インターフェックスWeek東京

 

 

 医薬品、化粧品などの研究/製造に関連する、あらゆる製品/技術/サービスが一堂に集まる専門技術展『インターフェックスWeek東京』が、RX Japan(株)の主催により、12月8日(水)~10日(金)までの3日間、幕張メッセにおいて開催された。

 同展示会は、『第23回 インターフェックス ジャパン』、『第15 回 インファーマ ジャパン』、『第5 回 バイオ医薬 EXPO』、『第3 回 ファーマラボ EXPO』の4 展で構成され、同時開催の『第3回 再生医療 EXPO 東京』と合わせ、3日間の来場者数は18,105名を集めた。

 

 

 

 (株)荏原製作所は、小型/軽量のため、医療/医薬業界・電池製造・半導体製造など、各種装置組み込みに最適なキャンドモータポンプ『SSPC / SSPC2 型』、『SSPD 型』の展示を行っていた。

 『SSPC / SSPC2型』は、シールレス(無漏洩)構造。

 損失低減策により、同社従来製品よりもポンプ総合効率が向上し、消費電力を約25%(最大で約35%)低減。PMモータ採用により、海外インダクションモータの効率規制に影響がないため、輸出にも有利。 

 また『SSPD型』は、シールレス(無漏洩)構造。

 損失低減策により、同社従来製品よりもポンプ総合効率が向上し、消費電力を約50%(最大で約60%)低減。

 こちらもPMモータ採用により、海外インダクションモータの効率規制に影響がないため、輸出にも有利。

 

 キャンドモータポンプ『SSPC/ SSPC2 型』、『SSPD 型』

 

 

 

 佐竹マルチミクス(株)は、粉体の分散/溶解に最適な高速回転撹拌機『サタケポータブルミキサー A770シリーズ』の参考出品を行っていた。

 同製品は、「高速回転するロータ」と「固定翼のステータ」で構成されており、それぞれに備わった4 枚ブレードにより高い剪断作用を生み出す。

 洗浄性に優れたシンプルな翼形状でありながら、非常に優れた粉体溶解/混合性能を発揮する。

 従来翼(DSインペラ)と比較しても、ダマが残らず、短時間で粉体の溶解が達成できる。

 

 高速回転撹拌機『サタケポータブルミキサー A770シリーズ』

 

 

 

 (株)スギヤマゲンは、常に製品仕様を満たした状態を実現する、安全性と高いユーザビリティを兼ね備えた『BioBoX GDP』の展示を行っていた。

 同製品は、季節を問わず運用が同一パッケージのため、シンプルでミスも起こしにくい。

 冷媒を冷凍庫から取り出してすぐに同製品にセットできるため、梱包作業中の待機時間がない。

 真空断熱材の破損を目視確認でき、蓄熱剤の状態(凝固/融解状態)についても目視確認できる。

 安心の5年長期製品サポート。

 

 『BioBoX GDP』

 

 

 

 (株)テクノ菱和は、測定ポイントを自律走行し、測定~報告書作成までを自動化するクリーンルーム清浄度測定ロボット『Doctor-CR』の参考出品を行っていた。

 同製品は、測定ポイントに設置されたマーカーをカメラで認識/測位し、自律移動する。

 各ポイントで測定→移動後、最終ポイントが完了すると報告書が自動作成される。

 室間移動の時は、ワイヤレスコントローラによる操作にて走行する。

 

 クリーンルーム清浄度測定ロボット『Doctor-CR』

 

 

 

 (株)日本レーザーは、様々なスプレーや粒子分散機などの分散過程の粒度分布を非接触でリアルタイムに測定する、画像解析式ポータブル粒度分布測定装置『VisiSize P15 Portable』の展示を行っていた。

 同製品は、スプリンクラーや各種スプレーノズル、粉体の簡単な湿式測定を現場で行うことを目的としたモデル。

 現場測定に対応する防滴構造と新画像式のPDIA画像測定方式により、コンパクトでありながら振動や温度変化に影響されない。また、録画記録することも可能。

 

画像解析式ポータブル粒度分布測定装置
『VisiSize P15 Portable』

 

 

 

 (株)テクノエイトは、多品種/小ロット生産に対応する超音波チューブシーラー『UTS-50s』の展示を行っていた。

 同製品は、卓上型のコンパクトマシンで設置面積は550×620mm。品種替え部品コストはホルダー1個の製作費で済み、品種替えは「ホルダー交換→シール条件入力→チューブ長合せ」のみで30 秒以内に完了。

 超音波シールでチューブ容器は美しい仕上がりを実現。

 同社が提供するストレートカッタ『Scut60』、Rカッタ『Rcut60』と組み合わせて最小のラインを構築できる。

 

超音波チューブシーラー『UTS-50s』

 

 

 

 (株)AKICOは、小型/高性能で超臨界水域に対応するミニオートクレーブシリーズ『MAC-75A/100A』の展示を行っていた。

 同製品は、超臨界の可能性を探る研究用として開発され、撹拌機付のバッチ式で、少量の原料から利用できる。

 操作盤一体型のコンパクト/省スペース/低コストを実現。

 100Vの電源仕様で、設置場所を選ばず、水の超臨界領域の実験が可能になっている。

 

ミニオートクレーブシリーズ『MAC-75A/100A』

 

 

 

 トーフレ(株)は、PTFEホースで消防(危)第20号の消防評定を取得したPTFEホース『ファイヤープロテクト』の展示を行っていた。

 同製品は、優れた耐化学薬品性を有し、使用温度範囲も広いPTFE製ホースを使用。

 PTFEの外側山谷形状の谷部にワイヤを巻き付けており、耐屈曲性と耐真空性を有している。

 また、金具部フレア形状のため、流体の液溜りや蓄積がなく、ホース内径が均一で高い流量と少ない圧損が得られる。

 

PTFEホース『ファイヤープロテクト』

 

 

 

 同展示会の次回開催は、2022年7月13日(水)~15日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催される予定。

 

 

執筆者

Gichoビジネスコミュニケーションズ株式会社
エレクトロニクス 実装技術 編集部

国内唯一の実装技術専門誌!『エレクトロニクス 実装技術』から転載。 最新号、雑誌の詳細はこちら

http://www.gicho.co.jp/ept/