あなたにとって最適な基板製造業者をご提案

  • ホーム
  • ピックアップ
  • 日本山村硝子、5G通信用 超低誘電損失LTCC材料を開発  ~業界最高水準の低誘電損失を実現~
掲載企業数
640社
最終更新日
2022/1/24 (月) 10:32

2021.04.28 プレスリリース

日本山村硝子、5G通信用 超低誘電損失LTCC材料を開発  ~業界最高水準の低誘電損失を実現~

基板の窓口編集部

2021.04.28 13:00

日本山村硝子株式会社

日本山村硝子株式会社(本社:兵庫県尼崎市、代表取締役社長執行役員:山村 幸治)は、5G通信に使用されるサブ6帯(3.6~6GHz)およびミリ波帯(28GHz~)で超低誘電損失を実現するLTCC基板用グリーンシートを開発、2021年4月28日(水)に当社ホームページにて情報を公開することをお知らせいたします。

 

 

【「超低誘電損失LTCC材料」開発の背景】

5G通信とは超高速、超低遅延、多数同時接続を可能とする通信システムで、サブ6帯(3.6~6GHz)やミリ波帯(28GHz~)など、より高周波帯域が使用されます。信号を処理する回路基板やフィルターなどの通信部品やデバイスにはLTCC基板が用いられておりますが、高周波帯の場合はより低い誘電損失であることが求められます。

今回、当社では高周波帯域で誘電損失を飛躍的に抑えることのできるLTCC材料として比誘電率を振った、“SK4”、“BR03”、“FT7”の3種類を開発し、製品販売を開始いたしました。これらの製品は高周波帯域で用いられる部品に適用が可能です。

 

 

【「超低誘電損失LTCC材料」の材料特性】

材料特性表
比誘電率
誘電損失

 

 

■会社概要

商号  : 日本山村硝子株式会社

代表者 : 代表取締役社長執行役員 山村 幸治

所在地 : 〒660-8580 兵庫県尼崎市西向島町15-1

設立  : 1914年4月5日

事業内容: ガラスびん・プラスチック容器の製造・販売

      粉末ガラス・ガラスペーストなどの製造・販売

      機器およびプラント類の設計、製作、販売ならびに設置工事

資本金 : 140億円

URL   : https://www.yamamura.co.jp/index.html

 

【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】

日本山村硝子株式会社 ニューガラスカンパニー開発営業統括グループ

担当:榮(さかえ)、高山

Tel :06-6411-3431

Web問い合わせフォーム: https://www.yamamura.co.jp/inquiry/inquiry_form.html

 

 

執筆者

基板の窓口編集部

基板の窓口に寄せられたプレスリリース、投稿記事をご紹介します。記事の掲載に関するお問い合わせはお気軽にお声がけ下さい。