あなたにとって最適な基板製造業者をご提案

  • ホーム
  • ピックアップ
  • ヤマハ発動機 2018年12月期第3四半期の連結業績を発表
掲載企業数
640社
最終更新日
2022/1/24 (月) 10:32

2018.10.31 実装・パッケージング プレスリリース

ヤマハ発動機 2018年12月期第3四半期の連結業績を発表

基板の窓口編集部

ヤマハ発動機(株)は、2018年12月期第3四半期の連結業績を発表した。当第3四半期連結累計期間の売上高は1兆2,620億円(前年同期比113億円・0.9%増加)、営業利益は1,155億円(同53億円・4.4%減少)、経常利益は1,134億円(同107億円・8.6%減少)、親会社株主に帰属する四半期純利益は818億円(同74億円・8.3%減少)となった。
売上高は、マリン事業、特機事業、新興国二輪車事業の販売好調により、増加したが、営業利益は、先進国二輪車事業の減益ならびに、為替影響、原材料影響などで減益となった。
なお、当第3四半期連結累計期間の為替換算レートは米ドル110円(前年同期比2円の円高)、ユーロ131円(同6円の円安)である。

産業用機械・ロボットの業績は、売上高518億円(前年同期比23億円・4.6%増加)、営業利益127億円(同12億円・10.2%増加)となった。車載向けのサーフェスマウンタの販売好調により、増収・増益となった。

2018年12月期の通期連結業績予想については、売上高は先進国二輪車事業の販売台数の減少により、営業利益は先進国二輪車事業の減益ならびに、新興国通貨安の影響、原材料高などにより当初予想を下回る見通し。また、新興国通貨安による為替差損により、経常利益も当初予想を下回る見通しである。

 

 

売上高

1兆6,500億円
(当初予想比 500億円・2.9%減少)
(前期比 201億円・1.2%減少)

営業利益

1,430億円
(当初予想比  70億円・4.7%減少)
(前期比  68億円・4.5%減少)

経常利益

1,400億円
(当初予想比 150億円・9.7%減少)
(前期比 148億円・9.6%減少)

親会社株主に帰属する当期純利益

950億円
(当初予想比  80億円・7.8%減少)
(前期比  66億円・6.5%減少)

(注)当初予想比は、2018年2月13日に公表した業績予想に対する増減。

為替レート前提

 

前期実績
(2017年12月期)

当初予想 今回修正予想
(米ドル・ユーロ) 112・127 105・130

(第4四半期)110・130
(年間)110・131

(インドネシアルピア・ブラジルレアル対ドル) 13,400・3.2 13,300・3.3

(第4四半期)15,200・3.7
(年間)14,300・3.7

 

詳細はこちら

 

執筆者

基板の窓口編集部

基板の窓口に寄せられたプレスリリース、投稿記事をご紹介します。記事の掲載に関するお問い合わせはお気軽にお声がけ下さい。