あなたにとって最適な基板製造業者をご提案

  • ホーム
  • ピックアップ
  • 真空環境とフォトレジストが不要で100℃以下のプロセスでも可能なダイレクトパターニングめっき技術を開発
掲載企業数
640社
最終更新日
2022/1/24 (月) 10:32

2017.05.31 基板材料・副資材

真空環境とフォトレジストが不要で100℃以下のプロセスでも可能なダイレクトパターニングめっき技術を開発

基板の窓口編集部

日本エレクトロプレイティング・エンジニヤース(株)は、独自に開発した表面処理薬液(感光性プライマー、コロイドキャタリスト)を用いて、新たなダイレクトパターニングめっき技術を開発した。本技術では、真空環境とフォトレジスト(※1)が不要かつ、100℃以下の低温のプロセスで低抵抗な微細配線を、多種多様な素材に対して直接形成することが可能である。

詳細はこちら

 

執筆者

基板の窓口編集部

基板の窓口に寄せられたプレスリリース、投稿記事をご紹介します。記事の掲載に関するお問い合わせはお気軽にお声がけ下さい。